JR東日本で4台目のSLが復活予定

 現在、JR東日本にはD51 498号機、C61 20号機、C57 180号機の3台の蒸気機関車が動態保存されているが、新たにC58 239号機が復元されることが発表された。2013年度冬から釜石線を中心に東北地方で「SL銀河鉄道」(仮称)として運転されることが計画されている。
 すでに3台も所有しているのに4台目が登場するとは思わなかった。今、日本で一番SLに力を入れている鉄道会社はJR東日本かもしれない。

 「SL銀河鉄道」(仮称)でC58 239号機が牽引する車両は141系気動車と発表された。客車じゃなくて気動車!しかも、JR北海道から中古で購入!141系気動車は50系51形客車を気動車化改造した車両で、札沼線の電化で余剰になった。
 釜石線ではSLだけでの運転が困難な急勾配区間があるため、客車の代わりに気動車を導入するようだ。急勾配区間では蒸気機関車と気動車の協調運転が行われる。しかし、なぜJR東日本が所有する気動車ではなく、141系気動車なのか?元が50系51形客車なので、客車っぽいから?(最初は、141系気動車からエンジンを外して、客車に戻すのかと思った。)
 それにしても、JR東日本がJR北海道から中古車を購入するとは・・・ちょっとびっくり。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック