高崎線特急の185系電車は651系1000番台電車で置き換えに決定

 高崎線特急185系電車の置き換えについて、今までいろいろ勝手に置き換え予想をしてきた。ついに2014年3月15日のダイヤ改正より、常磐線特急から捻出された651系電車を改造した651系1000番台電車へ置き換わることが決定した。

 今までの予想の変遷を見てみると。

●2008/05/10の予想
 E257系にE233系の思想(冗長構成)を取り入れた新車E261系?で置き換え。

●2012/03/20の予想
 特急「あかぎ」はE261系(仮称)電車で置き換え、特急「踊り子」と共通運用にする。
 特急「草津」は観光向けとするために、車体と接客設備をリゾートタイプに変更したE261系1000番台(仮称)電車で置き換え、特急「スーパービュー踊り子」と共通運用にする。

●2013/01/03の予想
 高崎線特急および特急「踊り子」の縮小傾向から、すべて田町車両センターの185系電車で共通運用化。そして、いずれは消滅へ。
 常磐線特急「スーパーひたち」から捻出された651系電車(基本7両編成)が用途不明状態なので、これで置き換える可能性もある。

 2012年までは新車を投入するという景気の良い予想だったが、今年の予想から縮小~廃止や中古車での置き換えに変わった。しかし、これが的中してしまった。
 田町車両センターの185系電車で共通運用化については、田町車両センターが廃止され185系電車が全て大宮総合車両センターに移管されたため、結果的に高崎線特急と特急「踊り子」の共通運用化は実現した。
 しかし、特急「踊り子」には651系1000番台電車が投入されないので、再び独立運用へ。ただし、特急「あかぎ」の内、新宿駅発着便に関しては引き続き185系電車での共通運用になる。

 ところで、651系1000番台電車についてだが、まだ詳細が発表されていないので不明な点が多い。交流機器を使用停止にして直流専用電車化されているらしい。
 特急「成田エクスプレス」の253系電車を東武直通特急へ転用した253系1000番台電車では車内や外観のリニューアルと共にインバーター制御化など足回りも大幅にリニューアルしている。しかし、651系1000番台電車はオリジナルの界磁添加励磁制御のままのようだ。外観も窓下にオレンジ色のラインが追加されただけで大きな変化はない。車内のリニューアルは行われているのだろうか?

 中古車とはいえ、ついに高崎線特急も特急らしい車両に置き換わる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック