新前橋駅の壁補修

 先日まで新前橋駅の外壁補修工事が行われていた。破損したタイルを剥がして新しいものを貼り付けたのだが・・・まだらになっている。
画像


元々は凹凸の有るタイルだったのに、補修したところは平らなタイルになっている。
画像


1983年(32年前)に改築された駅舎なので、当時と同じ凹凸タイルが手に入らなかったのかもしれない。補修されたところのタイルは微妙に色合いが異なる2種類が使われている。まだらになるのをモザイク模様みたいにして、違和感を少なくしようとしたのだろうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック