Suicaの出場時オートチャージ

 Suicaのオートチャージを設定している場合、サービス開始当初は入場時に指定残額以下の場合のみチャージされていた。しかし、去年(2018年)3月17日から、出場時にもオートチャージされるようになった。

 出場時のオートチャージが始まってからも、タイミングが合わず入場時だけしかチャージされることがなかった。だが、先日あしかがフラワーパーク駅へ行った際に初めて出場時のオートチャージが行われた。
 そして、履歴印字を行って気になることがあった。それは履歴の順番だ。

画像

あしかがフラワーパーク駅はシステム上、隣の富田駅と同じ扱いになっているため、富田と印字される。)

 チャージ残高3,015円の状態で前橋駅を入場。そして、あしかがフラワーパーク駅で出場する際に5,000円のオートチャージが行われ、運賃の972円が差し引かれて残高が7,043円。

 しかし、履歴印字で見ると、チャージ残高3,015円の状態に、あしかがフラワーパーク駅で5,000円がオートチャージされて残高が8,015円。そして、前橋駅から入場し、あしかがフラワーパーク駅で出場する際に運賃の972円が差し引かれて残高が7,043円。
 前橋駅で入場する前に、あしかがフラワーパーク駅での出場時オートチャージが履歴に出てくるのだ。まあ、入場と出場が1セットで1履歴なので、実際には出場時にチャージをしてから入出場の履歴を記録している。だから履歴順番としては間違っていないのだが・・・でも、ちょっと違和感があるな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック